注文住宅などで理想の家づくりに手をつくす|最高の家建て隊

home

坪単価の値段

土地の坪単価は150万円が基準

不動産

練馬区は区内でも北部と比べて南部の方が地価が高いエリアです。南部であれば、土地だけで坪単価150万円を超える相場観となります。逆に北部であれば、坪単価が150万円を下回る地域も多くあります。ですから、練馬区で注文住宅を建てる場合、まずは土地だけで坪単価150万円を一つの基準とし、それよりも高いコストを土地代にかけられるのか、そうでないのかに応じて、練馬区内でも土地を探すエリアが変わってきます。 また、練馬区は建蔽率と容積率との兼ね合いから、3階建ての注文住宅を建てる事が可能なエリアも多いので、土地は狭くても3階建てで延べ床面積を確保するという選択肢もあります。ただし、一般的に注文住宅の建築コストが2階建てよりも3階建ての方が、坪単価10万円程度上昇しますので、その事も加味して土地の物件選びをする必要があります。

光熱費とセットで考えた注文住宅を

注文住宅というと、とかくコストが高くつくという事に目が行ってしまいます。それ故、間取りを自由に、或いは住宅設備に拘るために注文住宅にはするものの、極力他のコストは抑えて、という考え方もあります。 しかし、注文住宅でお金をかけるのであれば、建築コストだけでなく、光熱費もセットで考えることが重要です。例えば光熱費が月に1万円下がれば、現在の変動金利の相場で35年の住宅ローンを組めば、300万円強のローン借入額が減るのと同じ計算になるという理屈を考慮に入れる、ということです。 気密性や断熱性の高い壁やエコガラスを取り入れるのと、そうでないのとでは、練馬区であれば光熱費は特に夏場と冬場は大きく変わってきます。注文住宅を折角建築するのであれば、こうした気密性や断熱性の高い家を建てて、光熱費を浮かせる方向を目指す方が、有効なコストの使い方となるのです。